SWI-Prolog

カテゴリーが違うから分けて連投ー。みたいな。

最近また、SWI-Prolog という Prolog 処理系で、ちょこちょこやってます。

完全に私用の、ちょこっとしたデータベースとして使っているわけですが、その過程で、ちょこちょこと汎用性の高いMy Library述語(他言語で言うところのプロシージャ)が出来上がっていくのが嬉しいです。機会があったら公開したいと思うのですが、まだ先でしょうねー。

Prologは、ある処理が失敗した時に以降に進まない、別候補で再試行する、というのが極自然な処理フローを持つ言語なので、エラー判定・回復処理とかで if 文の山を築く箇所が、だいぶ減るのが嬉しいです。論理型プログラミングとはおおよそ似つかわしくない感想かもしれないけど、高度なことをしなくても利点を享受できるケースもある、と思います。・・・やってる人が高度なことばかりやろうとするから、難しく見えると思うんですよね、アカデミックな言語って。

簡単な例だとこんな感じ。

atom(A),(Prefix='http://';Prefix='ftp://'),sub_atom(A,0,_,_,Prefix),!,何らかの処理.

変数Aのデータ型がatom(文字列みたいな型)で、なおかつ http:// または ftp:// で始まっていたら、「SomeProcess」を行う、というプログラムです。ここではまず、Prefixという変数を http:// に単一化(束縛とか代入とかみたいなもの)してから、AがPrefixの内容で始まっているかテストして、そうじゃなかったら、Prefix に ftp:// を単一化しなおして、もう一回テストしてみる、という処理になります。
; という記号は OR を表すのですが、これは処理フローそのものの「枝分かれ」を意味しているところが、他の処理系で言う論理ORとはずいぶんと違うところです。
! という記号に関しては、カットという仕組みで、面倒なのでめちゃくちゃ大雑把に言うと、「今まで通ってきた道筋は合ってるから、ここより前にはもう戻らないよ!」みたいな宣言です(汗)

atom(A),(sub_atom(A,0,_,_,'http://');sub_atom(A,0,_,_,'ftp://')),!,何らかの処理.
と書いても同じように動作します。こっちのほうが少し平易で、C言語とかに近い感じかも知れません。

他にも、インタープリタ&対話モードを備えている処理系がほぼ100%で、ちょっとしたテストをかますのが簡単だ、ということがあると思います。
例えば、ある言語でRPGのメインプログラムを組むとして、各キャラクターの能力値の種類と、それから算出される実効値や扱いを定義したとします。実際にそのメインのプログラムコードでテストが開始できれば、それでいいのですが、そうでないとき、はたして戦闘シーンのバランスはどんなものか、といったテストをするコードは、多分、Prologでなら、かなり手早く書けると思います(色気のない単なるテキスト表示ですが)。手続き型のプログラミング言語よりも、「仕様データ」を「そのまんまコード化」できる部分が目立つため、慣れにもよりますが、見通し良くしやすいのがポイントです。
場合によっては、少々面倒になると思いますが、「8ターンで終わるくらいのバランス」とか「気を使わないと25%くらいの確率で誰か1人が戦闘不能になるくらい」とか、微妙なバランスを求める逆算も組めると思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-07-28 01:29 | プログラミング

☆ひ・っ・さ・し・っ・ぶ・り・ー☆

いや、なんか、うざったいタイトルにしてみたくて。

・・・疲れてる? 疲れてる。
ジャンクメールがたまりまくりーで二十数MBに・・・。ホント、必要な情報、見逃しがちで困るよ。

そういえば忘れてたんだけど、色々とアプリケーションやらなにやら、試してたんだよねー。
てなわけで、つらづらつらづらつらづらつらづらつらづらつらづらつらづらつらづらーっと書いてみたいと思います。




・Windows Media Player 11

いまさらやけどー。SRS WOWエフェクトを試してみたくて。
まあソコソコ有名になってるから、知ってる方も多いかと思いますけど、低音強調&中高音域のステレオ感を広げる、といった感じのオーディオエンハンサーエフェクトです。・・・結構いいかもねー。ちまたではずいぶんと「掛けすぎ」な方も見受けられますが(パラメータとか見ると。ね)、
TruBass:5~20 ---- WOW:15~30 くらいな感じでかけると、オーソライズマスターエフェクトとしてもアリかなー、な雰囲気はしてます。



・Google Chrome

巷で話題になってた気がしますが、WWWブラウザですね。シンプルです。GoogleのWEBアプリケーションを扱うのに適したプラットフォームなんでしょう。一部のWEBブラウジングとかに絞ると、もしかしたら快適かも知れないです。目下、Wikipediaを見たり、開発系のWEBドキュメントを読んだり、MSN(Windows Live)とかのWEBサービスにアクセスするには、いいかも知れない、と思ってます。

オマケ。「Googleドキュメント」とかいうWEB上のオフィスアプリケーションで、ワープロソフトを試してみましたが、日本語フォントは「ゴシック・Pゴシック・P明朝」って・・・ふざけるなー、です。
ええっと、ピンとくる方も多いかと思いますが、プロポーショナルでない明朝がない、なんて。当たり前ですが、ワープロは「印刷用の文書」を作るのがメインなわけで、その用途としては致命的な気がします。ここは、P明朝より先に、まず明朝を持ってきて欲しいところ。認識不足としか思えないです。・・・えっ? もしかして私の認識が遅れてる? どうなんだろねー。



・Agenda http://apps.tpot.tk/

総合情報管理ツール、ということです。無料ソフトです。
テキスト情報を管理することがベースになっていて、カレンダー中にテキストを書き込んで期日に表示させたり、ツリー構造中にテキスト片をあてはめてアウトラインプロセッサなことをしたり、ToDoを表示させたり、一定期日周期で何か表示させたりとか、そういうツールです。
今のところ、ちょっとしたToDoや、WEB上でまとめて公開するための文書の下書きみたいなことなどに使ったりしています。



・meDB http://medb.enhiro.com/

テキストデータベースです。比較的最近、無料ソフト化したらしいです。

これは、テキスト片に流行りの「タグ」をつけて、そのタグ毎にまとめて表示する機能や、全文検索機能を持ったソフトです。
先に紹介した Agenda と少し機能的にかぶるところがありますが、こちらはどちらかというと、階層構造(アウトライン)を意識せずに、断片的なテキストを次々と追加していくのに向いていると感じます。ネタ帳やメモ片を次々と書いていく感じでしょうか。

馴染みのない方向きに説明すると、「タグ」というのはフォルダ(ディレクトリ)に近いですが、一つのデータに対して複数の「タグ」を付けることができる、ということが一番の違いでしょうか。つまり、一つの実データが複数のフォルダに所属できる、というイメージです。
画面構成は、主流のGUIメールクライアントソフトのそれに近いですので、多少のクセはありますが、結構、使いやすいのではないかと思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-07-28 00:36 | レビューもどき

そこはかとなくかなりまずそうな・・・

「深絞りコーヒー」・・・そこはかとなくかなりまずそう・・・。
いや、ホントはね、「深煎りコーヒー」なんよ。
でも、近所のスーパーの、1リットル紙パック入りコーヒーの安売りポップに書いてあったんだよぅ。

えっと、コメントチェック、怠ってごめんなさい。返信、ちょっと書いときました。


最近、なんだか調味料の話を立て続けに書いていたので、ついで。

実は、さ。淡口醤油って使ったことなかったんだけど、買って使ってみた・・・のは2月頃だったかなー。
で、なんだか、淡口多用な感じになってしまったのです。
醤油くさくないが旨味はある、といった風で、普通は料理用とか言われますが、実は、付け醤油としてもアリだと思います。

まあ、これに関しては賛否両論あるだろうけれども、「塩だけで存分においしい。けど少し、旨みの追加が欲しい、臭み消し効果が欲しい」とか、「そもそも醤油の風味が強すぎると、全体の風味が壊れてガッカリ」、みたいな用途にはぴったりなので、イメージにしっくりくる方は、付け醤油も試してみて・・・と少し弱めに提案してみましょうかー。焼きたてのサンマとかイワシとか結構いいですよー。ただ、塩分濃度は高めなので、量とか注意ですねー。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-05-30 05:51 | 雑記

おにぎり

幸せな夢の話・・・をクドクドと書いてもしょうがないので、私の備忘録としてとりあえず。

ある異性の人が、食べかけの鮭のおにぎりを半分くれて、そのお返しに、高菜巻きおにぎりを半分、ナイフで切ってあげた、というような夢。じゃれあったりとか、他にも色々とあったんだけどね。そんなの詳しく書いても仕方がないし。つーかマジでヤバイし恥ずかしわぁ。

それにしても、相手は食べかけ、こっちはナイフで切って、って、何かを象徴してるかも。とりあえず、対等な感じではないな。しかも、貰った鮭おにぎりは、具の入りが寄っていたらしく、なんだか明らかに半分より少なかったぞっ。・・・下らんこと覚えてるなー。


それはそれとして、「鎮江香醋」買って使ってみています。いやあ、近くの薬局で、賞味期限が迫っているやつが450円で売られてたから。

酸度6.0%のやつで、想像していたよりマイルドな感じでした。爽やかさよりも、コクと旨味に思いっきり偏った感じです。

においを嗅いで、何かに似てるなーと思ったら、ちょっとオイスターソース(醤油とかの余計なものが入らない純粋品)に似たにおいがするー。もしかしたら、アミノ酸等の量とか成分比率とかで、少し近いところがあるのかも。炒め料理とかに実際に使ってみても、割とそんな感じに使えてます。

酢醤油にして中華料理のつけだれにしてもいいし、バジルとの相性もいいので(酢全般の話だけどオレガノとの相性もいいと思う)、適当な洋風料理の旨味づけにとか、結構使い出ありますよー。日本食だと・・・パッとは思い当たらないけど、魚料理とか、鍋もののつゆの隠し味とか、ありかも。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-05-25 03:50 | 雑記

LOVE & PIECE

間違いってわけじゃないよん。

てなわけで。

ものっすごい久しぶりーなのですー。
いやなんかね、特に何かあったわけじゃないんだけどね、何となくBLOG休んでみたかったのだ。
・・・得られたもの? あるんじゃないかなー。口に出してはっきりこう、とか言えることじゃないんだけどね。

さて、色々と。

先月中~末頃、バルサミコの安いやつ(ミツカンのやつ)、買って使ってみたりしてる。・・・結構いいね。
使う量が少なくても結構コクと旨みが加わって、味付けの「物足りなさ」を振り払ってくれる感じ。
酸味は普通にあるタイプで、私は軽く酸味を飛ばすような感じで使ったりすることが多いんだけど、感覚的には、ワインを煮詰めて使うのに似ているような、それでいて、ワインよりも果実の爽やかさが少なめでコク拠りな感じ。まあ、ワインも酢も色々あるんだけどね。

自家製のサラダドレッシングにも、ほんの少し、量的には400mlに対して小さじ1くらいになるかな、加えてみたけど、ホント、いい味になったよ。こんなに少しで変わるんもんなのかー、ってちょいびっくり。

ちなみに、このドレッシングの作り方は実に大雑把なもんで、計量を基本「おたま」でやってます。

玉ねぎ(中) 半分、ニンニク 1~2片、これをみじん切りにして適当な量の油で炒める(ニンニクは炒めずに、後で加える油に漬け込んでおくのもアリです)。

醤油5、味噌0.7、砂糖1、好みに応じて みりん大さじ1、塩小さじ1、コショウ適量を加えて、5~15%くらい水分が減るまで煮詰める(軽く「濃くなったなー」と思う程度)。分量に関しては、味を見て加減します。濃い味を見るのに慣れていないとつらいと思いますが、「甘みをわずかに感じる程度よりは少し強めに」といった具合(ソース類全般でもそのくらいが基本です)。難しかったら味見の都度、三倍量程度に希釈すればいいのかな・・・? うーん。

鍋のまま蓋をせずに室温で充分に冷ます(ここで更に水分が飛びます)。

保存容器に移し替え、酢を、液量が1.5~2倍程度になるまで(好みや目的、酢の種類などに応じて)加える。

油を適量、加える。油以外の液量と等量前後くらいが普通ですが、もっと少なくしても悪くないです。

冷蔵庫で1晩~2日程度寝かす。

以上。まあ、分量に関してはかなり適当(私は大体、同じものを作れると思いますけど)。細かい香辛料の類も、必要なら加えてもいいし、ダシの類も好みに応じて加えてもいいと思いますが、敢えて平易に手に入る材料で追及しました。それに、そういう風に作った方が、味付け対象を選ばない?

ちなみに、私はほとんど米酢に近い穀物酢に、少しのバルサミコを加えたものと、キャノーラ油で作りましたが、果実酢、オリーブオイルやごま油、などだとハッキリと違う旨みが出ると思います。油はオレイン酸豊富なものが、劣化しにくいので、大量に作る時のベースにいいかも(オリーブオイル、キャノーラ油、ツバキ油など)。使う都度に加えてもいいんだけどね。



どうでもいいですが、珍しく、アニメキャラで「感情移入」できるキャラがいたりしました。・・・ちょっと前の作品なんだけどね。「肩入れ」「共感」くらいはあるんだけど、感情移入は、ホント、珍しい気がする・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-05-19 01:21 | 雑記

へんな夢

2月最初の日記やでっ。


…ヘンな夢みたあー!

いやさあ、まあ、高校生だったわけよ、私が。
で、サボり・無断欠席の常習犯、と、ここまでは、わりと過去の私を反映してる、かな。

そんなでも、卒業はさせてもらえるらしいんだけど、最後に、なんだか色々とやらにゃならん、と。しかも、1日のうちに。(ちなみに、やることが卒業の条件というわけではなかったと思う。)

その1、「吹奏楽部での発表」。これはまだいい。初見演奏でも簡単なものならできる。あとのが問題。

その2、「演劇」。これ、前日に台本渡されて、覚えてきて、ということだったんだけど、無理。お遊び程度の経験しかない上、ぶっつけ本番(リハーサルもなし)。しかも、渡された台本が、なぜか、漫画仕立てというか絵本仕立てというか(ちなみに横書き仕様で左に若いページ)の、妙に手の込んだものだったので、何をどう覚えたものか要領を得ないし、記憶力はあんまり良くないし。(どうでもいいけど、演目自体は、小説→アニメ化された、ある作品でした。)

ここまでは、夢の中で実際にやって、その最中に目が覚めたんだけど。予定としては、まだやること、あったんだよね。

その3、「落語」。…もう、何のことやら。経験ゼロだっちゅーの。もちろん、持ちネタなんぞあるわけもなく、これまた前日に渡されたものを見てできるようになっておけ、と。…誰がそんなんできますかーっ。


奇怪な夢ならいくらでも見たことありますが、現実として存在しやすいレベルのできごとを組み合わせただけでここまで、という夢は、異様に新鮮でした。


ちなみに、まだだいぶ寝る時間があったので、二度寝したら、今度は、6~8cmくらいある黄色と黒のまだら模様のゾウムシの夢なんかを見てしまった…。でかすぎ。強そう(ゾウムシ類は固いのが多いのです)。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-02-06 00:29 | 雑記

ヤられた

新年早々、カゼひきさんですぅ。

そういえば去年、eウォッシュという、かなりアレな洗浄用の液体をTVショッピングで見たのを思い出しました。「水が主成分。99.9%が水のスーパーアルカリイオン水(超アルカリイオン水)」だそうで…。

「トマトをつけてみると、ほら、こんなに汚れが…」と、色素を取り出して喜んでいるみたいなのを見せられて、どうもただのアルカリ性のアルカリ塩の水溶液みたいな感じだと思ってたら、油の鹸化らしきものも見せつけられたし…。で、公式サイトを見たら、やっぱり。

0.1% 炭酸カリウム水溶液、らしいです(何が基準の%かは不明)。TVショッピングではpHが12.5とかいってましたが、公式サイトではその記述、消えたのかな…。本当は10~11くらいじゃないでしょうか? よく分かりませんけど。そして公式いわく、やっぱり飲用にしてはいけないそうです。

ちなみに、どこそこの水を磨いて純水に、とかも言ってますが、純水というのは、言葉どおりの意味にとれば、どの水から作っても同じ純水です。

洗浄用に使うのには、ちゃんとした扱いをすれば問題ないと思います。語弊を恐れずにいえば、「灰汁」の主成分かつメインの有効物質ですので、効き目のほどは歴史的なものです。

ただ、自分で作ると、驚くほど安上がりのはずなのと、「水だから安全」のわけのわからないもの言い(0.1%は、比較的多くの物質で有意な濃度)と、先述のトマトの実験みたいな煽り方が、ということですね。



で、関係あるようなないようなですが、最近、食パンが高いので「マフィンでもやいたろかー」と思ってそうしてます。

本来のレシピだと、薄力粉(200g)、ベーキングパウダー(小1+1/2)、牛乳(133cc)、バター(33g)、砂糖(小2)、塩(小2/3)、を使うのです。

作り方は、

・粉類を全部合わせて2~3回振るう。

・バターを軽く揉みこむ。

・中心にくぼみをつけ、牛乳を流し込み、切るように軽くさっくりと混ぜる(カッティング)。

・天板にアルミ箔をしき、バターを塗って、生地を4分割ほどにして丸くまとめ、170度で15~20分ほど焼く。かなりべたべたした重い生地なので、整形が面倒なら適当に大きく焼いて後で切る。

作ってみると分かるとおり、かなりラフなマフィンなので…まあ、お好み焼きとかレベルの料理だと思えば…バター(これまた異様に値が高くなった)をマーガリンで、ベーキングパウダーを重曹(小1/2強)で代用。おまけで、小麦粉も中力粉(地粉がそこそこ安かった&食感が少ししっかりした感じになり成形もしやすくなるかなーと思ったので)。牛乳と水を2:1くらいで混ぜて、分量も目分量、粉の混合時にあらかじめ混ぜ合わせてから1回だけ振るう、とかやってみていますが、毎度毎度、結構ちゃんとできるもんです。やっぱり、お好み焼きみたいなもんだよ、これ。中力粉の方が案の定、成形も少しやりやすいっす。


で、冒頭の話と何が関係あるかというと…。重曹も洗浄用に使えるアルカリ塩だよね、っていうお話。炭酸カリウムよりだいぶ弱いと思いますけど。

あ、一応。重曹って、「タンサン」とかいう名前で売ってたりもするやつです。重炭酸曹達(じゅうたんさんそーだ)の略し方の違い、なのかな。炭酸水素ナトリウムのことです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-01-02 21:34 | 雑記

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年があなたにとって、良い年でありますよう、お祈りいたします。

平成二十一年元旦。
   :
   :
   :
   :
   :
たまには粛々と。

おととしだったか、先おととしだったかまで出してた年賀メールって、こんな感じの件名に、こんな感じの色気のない中身で、でも一通一通、いちいち別の内容を書いて送ってたんだよ。「より一層のご活躍を」とか「健康で過ごせますよう」とか、その人に合わせて何となく、ね。

そ、あれって、色気ない割には、一通も同じの出してなかったんだー。そんなに出す相手、多かったわけでもなかったしね。せいぜい10通~20通くらいのもんだったよー。

でも、どうやらあれ、迷惑に思う方もいらっしゃるみたいなので、基本的には私から送るのはやめときます。が、私自身は貰うのって嬉しいです。もちろんお返事も出しますのでー。例によって色気のある文章は書きませんが。

じゃ、今年一年、よろしくぅっ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by mikamikanamiyuki | 2009-01-01 00:36 | 雑記