<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

続・柿の木茸

えっと、レシピちょい修正しました。

前回に書いた柿の木茸、結局その後、もう1パック買って、吸い物、味噌汁、炒りおから、塩コショウベースの炒めもの、などなど;に使ってみまして、どれもこれも期待通り、おいしくできましたよー。
やっぱり、あまり支配的ではないけれども香りと旨みが強い、というのがポイントだと思います。

それからもひとつ、山茶茸とゆーキノコを買いました。
これまた「野生種にちかいエノキダケ」と書いてあって、まあ、見た目はよくある栽培エノキダケそのものを、色だけ茶色っぽくしたような感じです。
食べてみると、エノキダケの特徴を強めたような感じ、だと思いました。歯ごたえが強く、旨みが少し強く、香りも少しだけ華やか。もちろん好き嫌いはあるでしょうけれども、エノキダケの独特の食感や味が特に好き、という人には、かなりお勧めできるのではないかなー、と思います。


・・・関係ないけれど、自分で作った炒りおから、おいしいです。結構、都会的(?)な味付けです。まあ、都会;的っていうんだから、東京風なわけはなく。
レシピは・・・これ、うちの伝統を私が受け継いで改造したようなもので、基本的に感覚的なものなのではっきりとは把握していないけれど。

油大さじ1~2くらいを引いて、ネギ類(玉ねぎが結構いけます)を炒める。
火がほぼ通ったところで、その他野菜(人参とか小松菜とかがいいです)を入れてサッと炒める。
淡口醤油大さじ1.5~2、みりん小さじ2、塩小さじ1/2、砂糖大さじ1弱、だし汁大さじ1くらいを一度に入れる。
軽く飛ばしつつ細い短冊切りの油揚げを投入。ついでにここで柿の木茸も投入。軽くなじませる。
それからおからを150gほどと水を30ccほど投入。
弱火で混ぜ合わせながら加熱し、全体が熱くなって味がなじんだところで完成。

ポイントは、もしも馴染みが悪くても、水を「加えすぎない」ように。水分は十分なのに馴染みが悪いのなら、油を少しだけ加えるのがポイントでしょうか。
えっと、分量適当だし、おからの量とかそもそも書いていないのでこの情報だけじゃ作れないと思いますが、一般的なおからはもうちょっと、醤油くさくてじっとりとしているか、甘ったるいか、味が薄くてぼそぼそしているか、だと思います。
その点、素朴かつお洒落だと思ってます、我が家風は。自画自賛の手前味噌の自信過剰でした。
家庭料理だから結局、色々あっていいと思うんですけどね。弁当とか惣菜とかのは、あんまり美味しくないとおもうんですよ・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2009-08-06 02:23 | 雑記