<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

柿の木茸

えっと、前に見かけたことがあって、気になってたんだけど買わずじまいだった、「柿の木茸」、買って(料理して)食べてみました。個人的には大ヒットですよー。いままで、新たなキノコに挑戦してみて、ここまで「おいしいっ」と思ったことも無い気がしないでもないです(栽培ヒラタケの味噌汁で感激した覚えもありますが、あれは私が子供時代に親が料理したものだったので)。

ちなみに、エノキ茸の原種だという話です。
・・・えっと、今はとりあえず、味が濃いめの甘酢味の料理しか作っていないし、成長度や個体差で風味食感等は存分に変わると思いますので、あまりアテにはならないですけど、今ん所の感想です。

香りの質は、エノキにちょっとトウモロコシ系の香ばしさを足した感じです。
香りの強さはエリンギ弱くらいのちょっと強めな感じです。
食感は、エノキに少しにていますが、エノキ茸のような「にゅくにゅく」した感じよりも、ふくよかでしゃきっとしていて、少しブナシメジに近づいたような、個人的には割と「いいとこどり」な気がします。まあ、好きずきだと思います。
味は甘めで、エグいクセはエノキ茸よりも少し弱いかなー、という感じです。

基本的に、濃い味の料理でも負けずにしっかりと味が残る、でも味が薄めでも料理を支配するような性質ではない、といった感じがします。また、濃い味で加熱時間を少々長くとっても、味や食感が落ちにくくい、と思いました。

残りは、味噌汁にしようかと思ったけれど、お澄ましも挑戦してみようかなー。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2009-07-28 23:19 | 雑記

SWI-Prolog

カテゴリーが違うから分けて連投ー。みたいな。

最近また、SWI-Prolog という Prolog 処理系で、ちょこちょこやってます。

完全に私用の、ちょこっとしたデータベースとして使っているわけですが、その過程で、ちょこちょこと汎用性の高いMy Library述語(他言語で言うところのプロシージャ)が出来上がっていくのが嬉しいです。機会があったら公開したいと思うのですが、まだ先でしょうねー。

Prologは、ある処理が失敗した時に以降に進まない、別候補で再試行する、というのが極自然な処理フローを持つ言語なので、エラー判定・回復処理とかで if 文の山を築く箇所が、だいぶ減るのが嬉しいです。論理型プログラミングとはおおよそ似つかわしくない感想かもしれないけど、高度なことをしなくても利点を享受できるケースもある、と思います。・・・やってる人が高度なことばかりやろうとするから、難しく見えると思うんですよね、アカデミックな言語って。

簡単な例だとこんな感じ。

atom(A),(Prefix='http://';Prefix='ftp://'),sub_atom(A,0,_,_,Prefix),!,何らかの処理.

変数Aのデータ型がatom(文字列みたいな型)で、なおかつ http:// または ftp:// で始まっていたら、「SomeProcess」を行う、というプログラムです。ここではまず、Prefixという変数を http:// に単一化(束縛とか代入とかみたいなもの)してから、AがPrefixの内容で始まっているかテストして、そうじゃなかったら、Prefix に ftp:// を単一化しなおして、もう一回テストしてみる、という処理になります。
; という記号は OR を表すのですが、これは処理フローそのものの「枝分かれ」を意味しているところが、他の処理系で言う論理ORとはずいぶんと違うところです。
! という記号に関しては、カットという仕組みで、面倒なのでめちゃくちゃ大雑把に言うと、「今まで通ってきた道筋は合ってるから、ここより前にはもう戻らないよ!」みたいな宣言です(汗)

atom(A),(sub_atom(A,0,_,_,'http://');sub_atom(A,0,_,_,'ftp://')),!,何らかの処理.
と書いても同じように動作します。こっちのほうが少し平易で、C言語とかに近い感じかも知れません。

他にも、インタープリタ&対話モードを備えている処理系がほぼ100%で、ちょっとしたテストをかますのが簡単だ、ということがあると思います。
例えば、ある言語でRPGのメインプログラムを組むとして、各キャラクターの能力値の種類と、それから算出される実効値や扱いを定義したとします。実際にそのメインのプログラムコードでテストが開始できれば、それでいいのですが、そうでないとき、はたして戦闘シーンのバランスはどんなものか、といったテストをするコードは、多分、Prologでなら、かなり手早く書けると思います(色気のない単なるテキスト表示ですが)。手続き型のプログラミング言語よりも、「仕様データ」を「そのまんまコード化」できる部分が目立つため、慣れにもよりますが、見通し良くしやすいのがポイントです。
場合によっては、少々面倒になると思いますが、「8ターンで終わるくらいのバランス」とか「気を使わないと25%くらいの確率で誰か1人が戦闘不能になるくらい」とか、微妙なバランスを求める逆算も組めると思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2009-07-28 01:29 | プログラミング

☆ひ・っ・さ・し・っ・ぶ・り・ー☆

いや、なんか、うざったいタイトルにしてみたくて。

・・・疲れてる? 疲れてる。
ジャンクメールがたまりまくりーで二十数MBに・・・。ホント、必要な情報、見逃しがちで困るよ。

そういえば忘れてたんだけど、色々とアプリケーションやらなにやら、試してたんだよねー。
てなわけで、つらづらつらづらつらづらつらづらつらづらつらづらつらづらつらづらーっと書いてみたいと思います。




・Windows Media Player 11

いまさらやけどー。SRS WOWエフェクトを試してみたくて。
まあソコソコ有名になってるから、知ってる方も多いかと思いますけど、低音強調&中高音域のステレオ感を広げる、といった感じのオーディオエンハンサーエフェクトです。・・・結構いいかもねー。ちまたではずいぶんと「掛けすぎ」な方も見受けられますが(パラメータとか見ると。ね)、
TruBass:5~20 ---- WOW:15~30 くらいな感じでかけると、オーソライズマスターエフェクトとしてもアリかなー、な雰囲気はしてます。



・Google Chrome

巷で話題になってた気がしますが、WWWブラウザですね。シンプルです。GoogleのWEBアプリケーションを扱うのに適したプラットフォームなんでしょう。一部のWEBブラウジングとかに絞ると、もしかしたら快適かも知れないです。目下、Wikipediaを見たり、開発系のWEBドキュメントを読んだり、MSN(Windows Live)とかのWEBサービスにアクセスするには、いいかも知れない、と思ってます。

オマケ。「Googleドキュメント」とかいうWEB上のオフィスアプリケーションで、ワープロソフトを試してみましたが、日本語フォントは「ゴシック・Pゴシック・P明朝」って・・・ふざけるなー、です。
ええっと、ピンとくる方も多いかと思いますが、プロポーショナルでない明朝がない、なんて。当たり前ですが、ワープロは「印刷用の文書」を作るのがメインなわけで、その用途としては致命的な気がします。ここは、P明朝より先に、まず明朝を持ってきて欲しいところ。認識不足としか思えないです。・・・えっ? もしかして私の認識が遅れてる? どうなんだろねー。



・Agenda http://apps.tpot.tk/

総合情報管理ツール、ということです。無料ソフトです。
テキスト情報を管理することがベースになっていて、カレンダー中にテキストを書き込んで期日に表示させたり、ツリー構造中にテキスト片をあてはめてアウトラインプロセッサなことをしたり、ToDoを表示させたり、一定期日周期で何か表示させたりとか、そういうツールです。
今のところ、ちょっとしたToDoや、WEB上でまとめて公開するための文書の下書きみたいなことなどに使ったりしています。



・meDB http://medb.enhiro.com/

テキストデータベースです。比較的最近、無料ソフト化したらしいです。

これは、テキスト片に流行りの「タグ」をつけて、そのタグ毎にまとめて表示する機能や、全文検索機能を持ったソフトです。
先に紹介した Agenda と少し機能的にかぶるところがありますが、こちらはどちらかというと、階層構造(アウトライン)を意識せずに、断片的なテキストを次々と追加していくのに向いていると感じます。ネタ帳やメモ片を次々と書いていく感じでしょうか。

馴染みのない方向きに説明すると、「タグ」というのはフォルダ(ディレクトリ)に近いですが、一つのデータに対して複数の「タグ」を付けることができる、ということが一番の違いでしょうか。つまり、一つの実データが複数のフォルダに所属できる、というイメージです。
画面構成は、主流のGUIメールクライアントソフトのそれに近いですので、多少のクセはありますが、結構、使いやすいのではないかと思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2009-07-28 00:36 | レビューもどき