カテゴリ:ネットサービス( 4 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

AAA!CAFE が・・・

なんというかもはや、こればっかりですが、
無料WEBスペースサービスのAAA!CAFEが、サービス終了らしいです。今年12月1日に、ですね。

今回は感慨、ないなぁ・・・。AAA!CAFE自体の、やる気のなさそうな時期が長かったからなー。

でもでも、infoseekの isweb, COOL ONLINE の 終了よりはマシな感じです。iswebでは、たまたま他の人が移行に悩んでいるのに出くわして気づいたし、COOL ONLINEは、たまたまメール通知が目に止まってなので、偶然気づいたにすぎないといえなくもないのです。

でも今回は、WEB閲覧中に、ででん、と出てきたほのぼのバナーで気づいたんですよね。

ちなみに、珍しく? 私がスペースを持っていないのです。ブックマークを洗ってみたら、みんなとうの昔に移転していたり消失していたり、で、なにか残っているところといえば怪しいことしてるサイトがいっこだけ。いやホント、マジです。

どうしても残してほしいサイトというのがあったら、アーカイブするので、候補を公募、らしいです。

応募の方法は「Twitter」を使ってお受け致します。
「ホームページのURL(※必須)」と「ホームページ名」を明記の上、「#AAACAFE思い出のホムペ」(ハッシュタグ※必須)を付けてツイートして下さい。

http://blog.livedoor.jp/ld_aaacafe/archives/51883073.html

ちょっと面白い試みだわぁね。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2011-09-14 18:14 | ネットサービス

COOL ONLINE, iswebベーシック

前振り無しの本題で。

以前にこのBLOGで、楽天(インフォシーク)の無料WEBスペースサービスであるところの、「iswebライト」の終了について、柄にもなく長々と何ぞ書いたのですが、次いで、インフォシークの無料WEBスペースサービスの、COOL ONLINE 無料版も、2011年6月末で終了らしいです。

私はメールでの通知で知ったのですが、これが4月27日のこと。まあ、サービスの新規登録受付は4月21日で終了していたらしいので、その前あたりから知ることができた人もいるのではないかと思うのですが、いずれにせよ、また2ヶ月と1週間ちょっととか、その程度なんですね。
「長年ご愛顧いただいた皆さまに、ご迷惑をおかけすることを深くお詫び致します。」の『皆さま』に、相変わらずページを訪れる立場の利用者を含んでいなさそうだし、正直なところ申し上げると、「お詫び」よりも「配慮」が必要でありましょうな。

そして、さらにさらに。
COOL ONLINE有料サービスと、以前に書いたiswebの有料サービスであるiswebベーシックは、2012年5月21日で終了みたいです。1年以上の猶予はあるものの、無料のiswebライトの閉鎖に合わせて、有料版のiswebベーシックに移行した人にとっては、かなり、やる瀬ないのではないかと思うのですが。



で、今回の件を含めて邪推。

iswebライト終了の時、私は、無料サービスを切り捨てユーザーを大幅削減することを主眼にして、サーバー(データセンター)の規模を縮小、経費を削減するのが目的、かと思っていたのです。
しかし、決算後の年度始めのこの時期に、有料サービスを含めた一斉の終了が告示されたことを考えると、どうも違うかも、と思うわけです。
もしかしたら、iswebライト(無料)を終了することによって、ユーザーへの有料サービス移行を強力に促し、収支改善をはかろうとしたのではないか。しかし、移行が予想より進まなかったことから経営が更に悪化、サービス維持が難しくなったのではないかなー、なんて。

更に下衆の勘ぐりをば。

もしかしたら、流れとしては、iswebにおいて、苛烈な条件での無料サービス終了から有料サービスへの移行、という手法が上手く運ぶかどうか様子見。
上手くいくなら、次いで、COOLの無料サービス終了による有料サービスへの移行促進により、更なる収支改善を促す、という予定があったのではないか、と思ったりします。
それが、2つの無料サービスの、この奇妙な時間差での相次ぐ終了、にあらわれているような気がするんですよね。
ところがそもそもそんな手法は上手く行かなかった、だから今度は有料サービスの終了も同時に告示、という運びなのではないかと。

はい以上、邪推だから本気にしちゃだめだぞー、と念押し。


・・・たまには私も愚にもつかない怪文書を書きたくなることもあるさ、と。
ホント、怪文書なので要注意ですよ。
本気にしないでくださいね、ホント。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2011-05-01 10:53 | ネットサービス

limewebs

Lime Domainsというサービスがあるのですが、そこで、limewebs.com のサブドメインに加え、無料のWEBスペースとEメールアカウントが同時に取得できるのです。

http://www.limedomains.com/pick_your_web_address

取得の時は、

250MB Web Space, 500MB Bandwidth

と謳っているのですが、実際に取得してログインしてアカウント情報を見てみると、500MB Bandwidthが実は、Monthly Trafficのことだったと判明したり。スペースは250MBなのに、まさかのこのスペックです。

ええと、このテの英語を読みなれていない方に、一応、かなやんなりの訳をすると、「転送帯域(転送スループット)500MB」と書いてあるのが実際は「月間転送量500MB」だった、ように読める・・・というより、そうとしか読めないです、頭の固い私には。

まだピンと来ない方は・・・最高時速250kmと思いきや、ひと月250kmしか走れない、くらいの衝撃?

このサービス、広告が入らないみたいなのはよいのですが(ついでにデータベースも使えるっぽいです。どう使うかは知りませんが)、500MBの月間転送量というのは、ひと月が30日であるとして、1日当たり16.7MBくらい。これで、仮に一日の来訪者が30人程度の小規模サイトだと仮定しても、1人当たりの転送量が570KB程度。音楽ストリーミングはもちろん、絵も大概アウトです。

トップページを50KBくらいで作って、あとは別のサイトへ転送、としても、1日あたり340人くらいしか確保できないので、結局、無料のサービスのままでは、最低限の何かはできても、あまり使い物にならないのです。有料サービスへの導引が目的なんでしょう。



前に一度懲りたので書いておきますが、かなやんは、上記サービスとは関係ないし、サービスの利用方法などについて答える義理もないので、訊かないでください。苦情を聞かされるのも御免です。

御不快に思われたら申し訳ない。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2010-09-23 00:41 | ネットサービス

iswebライトが・・・

「のむヨーグルト」って変な名前してるよね。まあ、飲むんだけどさ。でも、「のむヨーグルト」だよ?


みたいなことを、ぼやーっと言ったら、(けいおん!の)『唯』みたい、って言われました。
・・・どうでもいいですね。

で、タイトルの iswebライト、まあ、平たく言えば、
「楽天(インフォシーク)の無料ホームページサービス」
といえばいいのでしょうか。それが、10月31日でサービス停止予定だそうです・・・。

さてこの情報、8月25日にWEB上のサポート情報として発せられたもので、2か月と1週間程度しか猶予がないです。その上、移転通知表示をしてくれる期間は、同サービスの有料版に移行した場合には1年間ありますが(そもそも事此処に至ってまで、無料スペースから有料スペースへの移行でURLが維持されないという意味があるのかがわからないが・・・)、そうでなければ期限で即刻停止、ということのようです(最終的にどうなるかはわかりませんが)。

私のメインサイトは関係ないのですが、別件でちょっと使っていたので、そっちは修正を余儀なくされました。だいぶ前に、ほぼ休止状態になっていたサイトですが、私だけが関わったものではないので、責務として、更新。

それよりも問題は、ブックマークしているサイトの中にも、更新停止しているが情報源として稀有なものとか、ヘンなゲームを作って無料配布してるとことか、「伺か」関連とか(懐かしいな・・・)、とにかく結構な数の貴重な資源があるのです。これは多分、私に限った話じゃなくて、私とは違った趣味や情報を必要としている方にも言えるはず。

そしてそれらの中には、移転される可能性が低そうに見えるものも少なからず、もし移転しても、移転後のサイトは、昔のコンテンツをバッサリとか、移転告知期間が短すぎて追跡不能になったりとか、色々と影響が大きそうなんです。「いい機会だからブログだけに」なんて声もちらほら・・・。

件のサポート情報を引用します。

http://plaza.rakuten.co.jp/usersupport/diary/201008250000/

>「インフォシーク iswebライト」、および「インフォシーク iswebライト 広告非表示オプション」を長年ご愛顧いただいた皆さまに、ご迷惑をおかけすることを深くお詫びします。

>皆さまにはホームページ移行等で、お手数をおかけいたしますが、前述状況を踏まえたサービス終了でありますことを、何とぞご理解いただき、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

あくまでゆーざーサポートの一環なので、サービスの直接の利用者に対しての発言、なのかもしれませんが、引用部分を見ると、来訪者・閲覧者や、別のページを運営している人のリンク変更作業なども含め、サービスの直接の利用者以外の、間接的な利用者に対する負担、みたいなのは、何も考えていないように見えます。

そもそも isweb は、freeweb、hoops、lycos(tripod) なんかの同系統のサービスを買収統合してきた経緯があります。この統合は、旧サービスのユーザーを保護するという形にもなってきたわけなので、「社会的責任を果たしてきた」と見ることも十分可能です。これらの買収劇の結果、巨大なサービスとなったiswebライトが、それなのに、「2か月と1週間の大山鳴動」となる気配。なんだか悲しいです。

それに、仮定の話ですが、他サービスへの移行をほとんどのユーザーが行おうとした場合(私にとって理想的な状況)、果たしてそれをホストするだけの余力というのが、他のサービス提供者にあるのかどうか、というのもまた疑問です。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2010-09-15 05:27 | ネットサービス