へんな夢

2月最初の日記やでっ。


…ヘンな夢みたあー!

いやさあ、まあ、高校生だったわけよ、私が。
で、サボり・無断欠席の常習犯、と、ここまでは、わりと過去の私を反映してる、かな。

そんなでも、卒業はさせてもらえるらしいんだけど、最後に、なんだか色々とやらにゃならん、と。しかも、1日のうちに。(ちなみに、やることが卒業の条件というわけではなかったと思う。)

その1、「吹奏楽部での発表」。これはまだいい。初見演奏でも簡単なものならできる。あとのが問題。

その2、「演劇」。これ、前日に台本渡されて、覚えてきて、ということだったんだけど、無理。お遊び程度の経験しかない上、ぶっつけ本番(リハーサルもなし)。しかも、渡された台本が、なぜか、漫画仕立てというか絵本仕立てというか(ちなみに横書き仕様で左に若いページ)の、妙に手の込んだものだったので、何をどう覚えたものか要領を得ないし、記憶力はあんまり良くないし。(どうでもいいけど、演目自体は、小説→アニメ化された、ある作品でした。)

ここまでは、夢の中で実際にやって、その最中に目が覚めたんだけど。予定としては、まだやること、あったんだよね。

その3、「落語」。…もう、何のことやら。経験ゼロだっちゅーの。もちろん、持ちネタなんぞあるわけもなく、これまた前日に渡されたものを見てできるようになっておけ、と。…誰がそんなんできますかーっ。


奇怪な夢ならいくらでも見たことありますが、現実として存在しやすいレベルのできごとを組み合わせただけでここまで、という夢は、異様に新鮮でした。


ちなみに、まだだいぶ寝る時間があったので、二度寝したら、今度は、6~8cmくらいある黄色と黒のまだら模様のゾウムシの夢なんかを見てしまった…。でかすぎ。強そう(ゾウムシ類は固いのが多いのです)。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by mikamikanamiyuki | 2009-02-06 00:29 | 雑記

<< LOVE & PIECE ヤられた >>